沿革

1940~1950年代

西暦 沿革
1948
「阪急電鉄 株式会社」のITS部(代理店部)として航空代理店業務を開始
わが国初のIATA航空貨物取扱代理店の認可を取得
「阪神電気鉄道 株式会社」の代理店部として航空貨物代理店業務を開始
1949
税関貨物取扱人(現通関業に相当)の免許を取得(大阪・横浜税関)
1950
IATA航空貨物取扱代理店の認可を取得
税関貨物取扱人(現通関業に相当)の免許を取得(大阪税関)
1952
税関貨物取扱人(現通関業に相当)の免許を取得(東京税関)
1957
航空貨物混載仕立会社・JFCを設立 グループ混載に参画
航空貨物混載仕立会社・JACを設立 グループ混載に参画

PAGETOP

1960~1970年代

西暦 沿革
1960
ウエストコースト・クリアランス・サービスを開始(シアトル空港)
1961
阪急電鉄から分離独立 「株式会社 阪急国際交通社」として営業を開始
ニューヨーク駐在員事務所を開設 以後、主要都市に順次駐在員事務所を開設
1962
社名を「株式会社 阪急交通社」に改称
(姉妹会社である旧「株式会社 阪急交通社」を吸収合併)
1965
JFC米国現地法人を設立
1967
業務電算化に着手(東京ビルにFACOM230-10設置)
1970
ニューヨーク駐在員事務所を開設 以後、主要都市に順次駐在員事務所を開設

PAGETOP

1980~1990年代

西暦 沿革
1980
HICOS(Hankyu Int'l Cargo Operation System)本格稼動
1983
JACを解散し単独混載を開始
米国現地法人を設立 以後、主要各国に順次現地法人を設立
1986
香港及び米国現地法人を設立 以後、主要各国に順次現地法人を設立
1993
JFCを吸収合併し単独混載を開始
1999
子会社として「株式会社 阪急カーゴサービス」を設立
(「阪急国内空輸」と「東西エキスプレス」が合併し改称)
「阪神電気鉄道 株式会社」から分離独立 「阪神エアカーゴ 株式会社」として営業を開始

PAGETOP

2000~2010年代

西暦 沿革
2008
中間持株会社「株式会社 阪急阪神交通社ホールディングス」の発足に伴い、吸収分割により旧「株式会社阪急交通社」の国際輸送事業を承継し、「株式会社 阪急エクスプレス」として営業開始
上記分割に伴い、子会社の「株式会社 阪急カーゴサービス」を「株式会社 エッチ・シーエス」と「株式会社 阪急ロジテック」(2009年10月より「株式会社 阪急阪神ロジパートナーズ」に名称変更)に分割
「株式会社 阪急阪神交通社ホールディングス」の発足に伴い、「阪神電気鉄道 株式会社」より同社へ株式が譲渡され、「株式会社 阪急阪神交通社ホールディングス」グループとなる
2009
10月1日に両社が経営統合され、新商号「株式会社 阪急阪神エクスプレス」の下、新たにスタート
2012
ワークライフバランス推進の取り組みとして「キッズプログラム~働くパパ・ママの職場訪問~」の実施スタート
2013
中間持株会社体制を解消し、「阪急阪神ホールディングスグループ」のもとで国際輸送事業を営む中核会社として新たにスタート
2016
阪急阪神エクスプレス、阪急電鉄および阪神電気鉄道との3社共同で設立した現地法人「阪急阪神ロジスティクス インドネシア」が、インドネシア・ジャカルタに物流倉庫を開設
2017
阪急電鉄および阪神電気鉄道が共同で設立した現地法人「阪急阪神プロパティーズ シンガポール」により、シンガポールに新物流倉庫を開設予定、運営は「阪急阪神エクスプレス シンガポール」が行う

PAGETOP

お問い合わせ・お見積もり

PAGE TOP

ジャイアントパンダ保護サポート基金

阪急阪神東宝グループ

Copyright (c) HANKYU HANSHIN EXPRESS Co., Ltd. All Right Reserved.