ダイバーシティ

阪急阪神エクスプレスは、「ダイバーシティ推進」の取組を進めています。
市場のグローバル化、労働人口の減少など、ビジネス環境と労働市場が大きく変化する中、性別、年齢、国籍などを問わず多様な人材を活かし、新たな価値創造により企業を成長させることが不可欠です。当社では経営方針「活力ある経営は個の尊重から」のもと、個人個人が最大限に能力を発揮し、生き生きと働き続けることのできる職場環境作りをはじめとして、社内の啓発活動など様々な取組を行っております。

ダイバーシティフォーラム2014・2015を開催

当社は、ダイバーシティ(多様性)推進を重要な人材マネジメント戦略と位置づけ、2014年と2015年に「ダイバーシティフォーラム」を開催しました。当日は、二部構成で行われ、第一部では、外部から専門講師を招き講演いただき、グローバル時代におけるダイバーシティマネジメントの必要性や女性活躍推進における課題と対策について改めて理解を深めました。第二部では、参加した社員によるグループディスカッションを行い、社員のキャリアプランや働き方についての現状と課題を議論し、解決策を検討しました。

第一回 阪急阪神エクスプレスウィメンズフォーラムを開催

ダイバーシティ推進の一環として、「第一回 阪急阪神エクスプレスウィメンズフォーラム(H2WF)」を2011年11月4日に開催しました。
当フォーラムは、当社が戦略的に女性活躍推進に取り組むことを宣言すると共に、能力を発揮する機会の創出を女性自らが考える意識改革のきっかけの場として行われ、約120名が参加しました。
第一部では、グローバル企業の第一線で活躍されている女性を講師として招き、豊富な体験談と女性活躍推進のポイントについて貴重なお話をいただきました。続く第二部は海外ナショナルスタッフを含む当社女性社員によるパネルディスカッション。当社の現状と課題に関する活発な議論を通して、今後の方向性を確認しました。

お問い合わせ・お見積もり

PAGE TOP

ジャイアントパンダ保護サポート基金

阪急阪神東宝グループ

Copyright (c) HANKYU HANSHIN EXPRESS Co., Ltd. All Right Reserved.