自社2020年04月22日

新型コロナウイルス感染症の影響~当社の対応について⑬~

【新型コロナウイルス感染症の影響~当社の対応について⑬】


4/16に政府の緊急事態宣言対象地域が日本全土に拡大されましたが、物流インフラ機能は維持されています。
当社の業務概況は以下の通りです。

◆航空輸送
1)営業/カスタマーサービス
*基本的に現行営業拠点で対応していますが、感染予防対策として一部スタッフを代替拠点に配置し、
 相互に補完しながら業務運営しております。
2)混載仕立て
*航空機の減便・運休が拡大しスペース確保が厳しい状況ですが、
 利用可能なフライトを調整しお客様の需要にお応えしています。
*旅客機チャーターによる貨物輸送を活用しています。
 欧州向けでは地場産品などの出荷需要にお応えしています。
3)ターミナル業務
*輸出入とも通常通り
4)輸入貨物の配送
*通常通り

◆海上輸送
1)営業/カスタマーサービス
*航空輸送に同じ
2)NVOCC(LCL仕立て)
*通常通り
3) CFS業務
*通常通り
4) 輸入貨物の配送
*トラック、ドレージとも通常通り

◆通関
*通常通り
*全国7拠点における申告官署自由化以降の相互補完体制を継続しています。

◆ロジスティクス
*全ての自社拠点倉庫で通常稼働

以上、詳細につきましては、当社営業担当者までお問合せ下さい。
今後、政府や自治体の発表により状況が変化する可能性はありますが、
当社は、引き続き感染予防措置を履行するとともに、在宅勤務やシフト勤務・時差出勤を併用しながら
事業継続に努めてまいります。
お客様にはご迷惑ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解頂きますよう、お願い申し上げます。

一覧へ戻る

PAGE TOP

ジャイアントパンダ保護サポート基金

阪急阪神東宝グループ

Copyright (c) HANKYU HANSHIN EXPRESS Co., Ltd. All Right Reserved.