自社2021年01月08日

新型コロナウイルス感染症の影響~当社の対応について(2021①)~

【新型コロナウイルス感染症の影響~当社の対応について(2021①)~】

昨日(1月7日)日本政府より緊急事態宣言(対象は東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の1都3県)が発令されましたが、「経済・社会活動は可能な限り維持」されますので、「Essential Industry」である物流事業は通常通りに機能する見通しです。

【国内の物流概況】
*税関:通常稼働
*空港、港湾オペレーション:通常稼働
*集荷配送:通常稼働

【当社の業務対応】
◆航空輸送
1)営業・カスタマーサービス:現行営業拠点で対応(通常通り)
2)混載仕立て:通常通り
3)輸出貨物搬入先:現行搬入先(NGLC=成田国際ロジスティクスセンター、南港=大阪カーゴターミナルなど)に変更ありません。
4)輸入貨物の配送:通常通り

◆海上輸送
1)営業・カスタマーサービス:現行営業拠点で対応(通常通り)
2)NVOCC(LCL仕立て):通常通り
3)輸出貨物搬入先:現行の当社指定搬入先に変更ありません。
4)輸入貨物の配送:トラック、ドレージとも通常通り

◆通関
*現行通関拠点で対応しますが、成田・津田沼・羽田(東日本地区)および、中部・南港・関空・福岡(西日本地区)の通関7拠点における申告官署自由化以降の相互補完体制を継続します。

◆ロジスティクス
*全ての自社拠点倉庫で通常稼働

以上、詳細につきましては、当社営業担当者までお問い合せください。
尚、今後、政府や自治体の通知・通達により状況が変化する可能性はありますが、
当社は引き続き、テレワーク体制を含む感染防止対策を徹底しながら事業継続に努めてまいります。
お客様にはご不便ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解頂きまよう、お願い申し上げます。

一覧へ戻る

PAGE TOP

ジャイアントパンダ保護サポート基金

阪急阪神東宝グループ

Copyright (c) HANKYU HANSHIN EXPRESS Co., Ltd. All Right Reserved.