自社2021年02月02日

ミャンマーにおけるクーデターの影響①

【ミャンマーにおけるクーデターの影響①】
昨日(2月1日)のミャンマーにおけるクーデーターによる物流への影響ならびに当社の対応は以下の通りです。

【ミャンマー国内の物流概況】(2021年2月2日(火) 日本時間10:00現在)
*空港:閉鎖中
*港、コンテナヤード:ヤンゴン港は稼働、輸出貨物荷受も再開
*税関:航空を除いて輸出入申告可能
*陸運:稼働
*通信:wi-fiによる通信は可能

【当社ミャンマー法人の業務対応】(同上)
*当社ミャンマー法人の従業員(日本からの出向社員含む)ならびにその家族全員の安全を確認済
*昨日よりミャンマーの2拠点(ヤンゴン市のミャンマー本社、ロジスティクスセンター)とも閉鎖中
*従業員全員在宅勤務にて対応
*輸出入業務(書類続き)は在宅にて対応中

以上、詳細につきましては、当社営業担当者までお問合ください。
今後もミャンマー情勢に注視しながら、適宜物流関連情報を発信してまいります。
お客様にはご不便ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解頂きますよう、お願い申し上げます。

一覧へ戻る

PAGE TOP

ジャイアントパンダ保護サポート基金

阪急阪神東宝グループ

Copyright (c) HANKYU HANSHIN EXPRESS Co., Ltd. All Right Reserved.